ベアリングローラーの錆対処。ポッカレモンでサビ取り実験してみた

ベアリングローラーの錆問題。どうにかしたいんですよねー。

こちら▲ひと月前に買ったばかりベアリングローラーなんですが、この通り完っっっ全にサビが来てます。

冬場のアウトドアお休み期間は、休日はミニ四駆遊びで過ごそうと思っるんでまたミニ四駆ネタが増えそうです。はい、久しぶりのミニ四駆ネタは、メンテナンスに関して。かれこれ・・・・・・4か月も触ってなかったミニ四駆を引っ張り出してきて、今回やるのは

ベアリングローラーは脱脂して使ってこそ本来の性能を発揮」というものの、脱脂したベアリングローラーってすぐサビるのも事実。

比較的安いミニ四駆パーツの中でもお高い部類に入るベアリングローラーなんで、長く使いたいですし、どうにかサビを除去できないかと、、、

そういうわけで、家にあったポッカレモンでサビ取り実験してみました。

ポッカレモン×サビ

はい、どん!――冷蔵庫にあったお酒割り用のレモン果汁。

お察しの通り、小学生の頃10円玉のサビを取る実験をした記憶があったという単純な発想です。確か酸性が錆を分解するとかなんとかだったよなーーと。

もはや説明も何もなく、脱脂用に買っていたビンに、果汁とサビローラーを入るだけ。

さあ、この赤サビが1時間ほど放置してどうなっているのか???

放置→取り出し

・・・

・・・

・・・

さて、1時間置いた後の状態を確認すると・・・

なーんか果汁がより濁った感じで、サビカスのような物体が浮いてますね。

シェイクして取り出してみたら・・・すげえええ、わりかし良いレベルで赤サビは落ちてますわ。

完全ツルピカとは言えないものの、赤サビ感は無くなっており、自分的には合格点ですかね。

で、取り出した瞬間からまたサビが来そうなので即556漬けにしてやりました。

実験結果と課題

というわけで、ベアリングローラーのポッカレモンでのサビ取り実験は、完璧にピカピカレベルにはならなかったんで、、、、、、結構効果ありくらいの結果。といったところでしょうか。

  • ポッカレモンに1時間漬け込みで、赤サビは除去可能。
  • ただし新品レベルまでにはならない。

あ、今回漬け込む時間も短かったんで時間でどう変わるか、そこらへんも課題ですね。

まあそもそも、ローラーの保存はサビが来る前に、面倒くさくてもパーツクリーナーか556漬けにした状態にしておくのが一番なんでしょうがw。

課題

  • レモン+塩が良いらしい。
  • 酢も良いらしい。
  • 24時間放置したらもっと落ちるのか?

後から調べてみたら色々とサビ除去方法があるようなんで、機会があればやってみようかと。

以上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする